青汁の効果はすごい!?

青汁と野菜ジュースの栄養素の比較

青汁と野菜ジュースは野菜を原料にしている点では同じですが、含有されている栄養素やカロリー量が微妙に異なります。含有されている栄養素を比較すると、青汁には糖質が含まれていませんが、野菜ジュースには糖質が含まれています。よって、カロリー量は青汁の方が圧倒的に少なく、カロリー量は野菜ジュースの6分の1程度です。

野菜ジュースに糖質が含まれている理由は、甘味を加えて味を美味しくするためです。青汁は味よりも健康を重視しているため、味を良くするために糖分を加えておらず、カロリー量を低くすることにつながっています。ダイエット目的で摂取するには野菜ジュースよりも青汁の方が適しており、置き換えダイエットや糖質制限ダイエットにも最適です。野菜ジュースは味を重視するために、糖質だけでなく塩分も多めに含有されています。よって、血圧が高めの人には適さないので、高血圧の方は青汁の方が適しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/高血圧より

青汁の欠点は苦味や臭みがある場合があり、人によっては飲みにくいと感じる場合があることです。しかし、最近の商品は味が改良されており、以前よりも飲みやすくなっています。野菜ジュースの欠点は糖質や塩分が多いことですが、糖質や塩分を減らした商品も販売されています。

青汁と酵素ドリンクのパワーの違いとは


青汁は大麦若葉、明日葉、ケールなど緑葉野菜のしぼり汁の総称です。その主原料により含まれている栄養素が違ってきますが、主にビタミン類や食物繊維、ミネラル類をなります。

一方酵素ドリンクは通常80種類以上の野菜、野草、果物、海藻類、茸類などを発酵させて熟成させたエキスです。野菜や果物などを発酵させることで生の状態よりも栄養素が高く、私達の身体の中の消化酵素を消費することなく栄養素を吸収することができます。

これら青汁と酵素ドリンクの違いを理解して、目的に合わせて選択すると有効です。野菜不足を感じて食生活を見直す場合は青汁がおすすめです。また美容、健康の両方を意識してとり入れたい方は、酵素ドリンクの方がむいています。

どちらも効果の違いはありますが、ダイエットとしても注目されています。とくに酵素ドリンクは栄養素のバランスが優れているため、一回の食事を酵素ドリンクに置きかえるファスティングダイエットとしても人気になっています。

また青汁と酵素ドリンクの大きな違いは、発酵にあります。発酵は発酵菌により物質を変化させ私達の身体を守ってくれるものです。味噌、納豆など日本食では古くからとり入れられています。最近では、酵素入りの青汁も出回っています。

http://aojiru-zukan.com/より

青汁や黒酢の飲むだけのダイエット


健康に対して高い意識を持っている人たちの間では、青汁や黒酢を飲むことは健康維持のための方法として広く知られていますが、ダイエットにも有効であると美容面でもその効果に大きな期待が寄せられています。

青汁がダイエットに有効だとされている理由は、ケールや明日葉などの緑の野菜から作られていることが挙げられます。緑の野菜には食物繊維や酵素の他、カリウムも豊富に含まれています。そのため便秘やむくみの改善に効果があり、結果としてダイエットへつながると考えられます。青汁によりダイエットはその方法も簡単で、1日1杯を目安に飲むだけです。

青汁には栄養素が豊富に含まれているので、朝食を青汁に置き換えるという人も多いようです。黒酢がダイエットに良いとされている理由は、黒酢にはクエン酸が含まれているためです。クエン酸は体内のエネルギーを効率良く燃焼させる働きがあり、基礎代謝が活性化されます。

基礎代謝が上がることによって、脂肪を燃焼させることができるのです。青汁と同様に黒酢を適量飲むだけというダイエット方法で、手軽に取り入れることができる点も人気となっています。美容と健康のために青汁や黒酢を飲んでいる人は多く、どちらも大事なことは毎日続けることです。