青汁とグリーンスムージーの違いとは


青汁とグリーンスムージー、どちらも身体に良い飲み物であることは間違いありませんが、両者にはちゃんとした違いがあります。まずは材料です。青汁の材料は主に緑色の葉野菜です。ケールや大麦若葉などを絞り、乾燥させて作られています。

ケールは苦みがありますが、ビタミンやカロチン、ミネラルなどの栄養成分を多く含んでいる植物です。大麦若葉は苦みが少なく、鉄分や繊維、酵素も多く含んでいるので、便秘気味の人には良いでしょう。一方、グリーンスムージーの材料にはフルーツが加えられています。フルーツは抗酸化作用を持っているので、肌に良い影響を与えてくれます。

また、様々な葉野菜とフルーツから作られるため、繊維が多く含まれていることも特徴です。繊維には身体の中の不要物を外に押し出すサポートをしてくれる、デトックス効果があります。次に両者の違いとして挙げられるのは、味です。青汁はどうしても青汁独特の味のものが多いですが、グリーンスムージーはフルーツが入れられることにより飲みやすくなっているものが多いのです。青汁の方も最近苦みを抑えたものが出てきているので一概には言えませんが、グリーンスムージーは野菜とフルーツの組み合わせ方によって色々な味のものができるので、自分の好みを見つけやすいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です